製造現場の安全・安心・快適を支える、産業用ロボット分野のパイオニア

安藤鉄工株式会社事業内容

HOME > 事業内容

業務内容

ロボット用精密減速機部品の製造

産業用ロボットは、自動車製造ライン及び、液晶パネル製造ライン、ラインのマテハン、その他いろいろな産業で使用されています。ロボット用精密減速機は、そのロボットの関節に当たる部分に取り付けられ、ロボットの命といわれる正確な位置決め、スムーズかつスピーディな動きのために使われています。製品はナブテスコ(株)津工場で生産されていますが、当社はその中のメインの精密機能部分を生産しております。

ロボット用精密減速機は、ファナックをはじめ、安川電機、川崎重工、不二越、ダイヘン、又海外では、ヨーロッパのクカ、ABBなどの全ロボットメーカーに使用されており、そのシェアーは世界の70~80%に達しています。又、ロボットメーカーの生産したロボットは国内外の自動車メーカーはもとより、液晶パネルメーカーなど全世界で使用されており、このメカトロ分野は日本が最も得意とするところで、これからも年率5~10%の成長が期待されます。

安藤鉄工株式会社事業内容

  • 溶断溶断
  • パレタイジングパレタイジング
  • 溶接溶接
  • 機械ラインのマテハン機械ラインのマテハン

建設機械部品の製造

建設工事等で活躍する油圧パワーショベル向けには、その足回りの要となる走行モーターの主部品を製造しています。
ナブテスコ(株)垂井工場で生産される走行モーターは市場の高い評価と信頼により常に高いマーケットシェアを維持しています。

建設機械は今後、日本国内だけではなく、中国のほか、東南アジア、欧州、北米等にも市場が堅調に拡大していく見通しです。

安藤鉄工株式会社事業内容

ニーズに応える技術力

・岐阜県内で、トップクラスの工作機械を保有(NC旋盤、マシニングセンタ、ホブ盤、高周波焼入装置の合計が300台以上)し、
高精度の加工を行っております。
また、技能検定有資格者が50名以上在籍し、常に加工技術の向上を目指しております。
保有設備を確認する

・鋳鉄(FCD450)・炭素鋼(S45C、S55C)・クロムモリブデン鋼(SCM420)等の材質でφ100~φ700の中・大型量産加工を得意とし、能力面・コスト競争力に自信があります。
材料調達からアッセンブリー、特殊工程等を協力企業を含めて、ご提案させて頂くことも可能です。
見積もりを行う

安藤鉄工株式会社事業内容

安全・安心・快適を追求します。

2006年にISO9001を取得し、品質の向上を常に心掛けております。
また、お客様からのご要望に添えるよう、NC旋盤のロボット化・自動化により、効率化・ローコストを目指しています。
マシニングセンターは多パレット化により、小型部品から大型部品、多品種少量生産から大量生産まで、幅広い加工に備えております。

安藤鉄工株式会社ISO9001

Copyright © 2015 ANDOU IRONWORKS co.,Ltd. All rights reserved.